コンテンツにスキップ
日本全国送料無料!
日本全国送料無料!

Taranis X9D などの FrSky 送信機へのバインド

Taranis X9D などの FrSky 送信機へのバインド

必要になるため、これはもう少し複雑です。 レシーバーボード全体を交換します

Makerfire Tiny Whoop Binding FrSky

AC800 FrSky 互換レシーバーの取り付け

始める前に、バッテリーが フル充電 バッテリーは「保管充電」レベルで届きます。まず、私たちはしなければなりません 現在の受信機を取り外します。

Armor67 の場合

トップデッキを外す ドライバーを使用して、カメラのワイヤーを外さないように注意してください。

Makerfire Tiny Whoop Binding Armor 67

また、マイクロ USB ケーブルへのアクセスをクリアする必要があるため、今すぐ実行する価値があります。を取り外します リアトップデッキスタンドマウント 下の写真の赤丸。

Makerfire Tiny Whoop Binding Amor 67 レシーバー

受信機基板がここに見えます。小さなプラスチックで覆われた回路基板がフライト コントローラの上にあり、そこからむき出しのアンテナ線が突き出ています。次の写真に示すように、電源と信号線が下に入っているのも見えます。

Makerfire Tiny Whoop Binding Amor 67 配線

Armor90の場合

カメラの「タレット」全体を取り外す必要があります。 4本のネジを緩めます 下から小さなプラスドライバーでふたを取り外します。

Makerfire Tiny Whoop Binding Armor 90 カメラ キャノピーを取り外します

それで 4本のネジを緩めます カメラの配線に負担がかからないように注意しながら、シャーシに押し付けて脇に置きます。

Makerfire Tiny Whoop Binding Armor-90 キャノピーとカメラを取り外す

これにより、カメラの「タレット」に接続された 3 本のワイヤを介して受信機が接続された状態で、フライト コントローラにアクセスできるようになります。

両方のドローンの継続

標準受信機を Makerfire ISky AC800 FrSky 7CH テレメトリー レシーバーは、当社のウェブストアで入手できます

Makerfire Tiny Whoop Binding リード - ISky AC800 レシーバー

レシーバーには 2 本のワイヤーが付属しており、そのうちの 1 本を変更して、回路基板上の 3 つの関連するピンに接続できます。と一緒にワイヤーを使用することをお勧めします。 3ピンプラグ 受信機を簡単に接続および切断できるようにします。

Makerfire Tiny Whoop Binding FrSky 互換受信機 AC800ワイヤーを切る 約 4cm のワイヤーとプラグのピグテールを端に残します。

今こそ 受信機を取り外します。これは、 白、赤、黒のワイヤーのはんだ除去 フライトコントローラーボードに接続します。

標準の DSM2 互換受信機は、 次のようにフライトコントローラーに接続します

  • ホワイトケーブル > TX2ピン
  • 赤いケーブル > 3.3vピン (5v ピンからインボード、詳細については下の図を参照)
  • ブラックケーブル > 接地

Makerfire Tiny Whoop Binding アース信号と電源配線

新しい AC800 受信機に変更すると、 配線位置が異なるため、動作するためにはより高い電圧が必要であり、異なる出力を利用する必要があります。ワイヤーの色は、付属のワイヤーを使用している場合にのみ関連することに注意してください。

  • イエロー > PPM/SBus ピン (5v ピンの隣)
  • 赤いケーブル > 5vピン
  • ブラックケーブル > 接地

以下 配線図 セットアップを視覚的に説明

Makerfire フライト コントローラ配線図

タブは非常に小さく、接続をブリッジしたくないので、はんだ付けするときは時間をかけてください

とともに アーマー67 ドローンは、受信機をボードの USB ポートの上部に小さなフォーム テープで貼り付けます。

Makerfire Tiny Whoop Binding Armor 67 AC800

のために アーマー90 ドローンでは、新しい配線をカメラのタレットに配線し、元のセットアップと同様に受信機をそこに配置しました.

Makerfire Tiny Whoop Binding Armor 90 交換用レシーバー

今、あなたは バインドする準備ができて 送信機に。

FrSky 送信機のバインド

プラグイン 充電済みバッテリー クアッドコプターに。

FrSky送信機で、 新しいモデルを作成する メニューを使用します。に移動します バインド設定 そのモデルメモリの下で

Makerfire Tiny Whoop バインディング FrSky バインド モード

ドローンにバッテリーを接続し、 6 ~ 10 秒待ちます 受信機のLEDが点灯するはずです 急速に点滅 入っていることを示す バインドモード

エンターを押す FrSky送信機でそれをアクティブにするためのバインドオプションで、それがバインドされていることを確認します。この時点で、送信機と受信機が互いに通信していることを確認するテレメトリが画面に表示されます。

FrSky の Betaflight の構成

 betaflight を開いて、 マイクロ USB ケーブル ドローンに挿入してコンピューターに接続します。 電池不要 このプロセス中のドローンで。最初に機能しない場合は、接続を押す前にドローンを再接続してみてください。さもないと ベータフライトのドキュメントを参照してください 正しいドライバーのために。

Makerfire Tiny Whoop バインディング アーマー 90 ベータフライト

確実に ドローンは水平 キャリブレーション アクセラレータを押して、上部のステータス バーでキャリブレーションが完了したことを確認します。これは、クラフトが平らであることを認識してアームできるようにするために必要です。

Makerfire Tiny Whoop Binding betaflight キャリブレーション加速度計

選択する ポート 左側のメニュー (左側の灰色のメニューが私たちのものと異なる場合は、ウィンドウを拡大してください)

UART2 を無効にする スイッチオフでシリアルRX。 UART3 を有効にする 以下のように、テレメトリ出力を FrSky に変更します。

Makerfire Tiny Whoop Binding FrSky betaflight ポート

プレス 保存して再起動します。

再接続 ドローン。

選択する 構成 左のメニューから。

シリアル受信プロバイダーを次のように変更します 以下のスクリーンショットに示すように、 SBUS

Makerfire Tiny Whoop Binding FrSky ベータフライト構成

プレス 保存して再起動します。

クラフトで 再接続した 左側のメニューから選択 レシーバー。この時点で、送信機のスティックを操作して、値が画面上で変化するのを確認できるはずです。

次に、セットアップする必要があります アーム スイッチ、(電子機器を起動するために特定の場所に回す必要がある車のイグニッション キーと考えてください)。

選択する モード 左のメニューから

プレス 範囲を追加 ARM設定ボックスで。決める どの補助チャンネル クラフトを装備するために使用したい (Aux 1 を選択) し、以下に示すようにドロップダウンから選択します。

Makerfire Tiny Whoop Binding Spektrum betaflight モードのセットアップ アーム

スイッチを前後に反転させて、 信号位置ブロック バーの下には、スイッチを投げると踊る黄色いマーカーがあります。信号位置ブロックの位置の 1 つを安全にカバーするようにスライダー範囲を構成する必要があります。 スイッチ位置 あなたがクラフトを武装させたいと思っていること。

Makerfire Tiny Whoop Binding Spektrum betaflight モードのセットアップ

現時点では、飛行スタイルに合わせて異なるモード トリガーを設定することをお勧めします。ホライゾンモードは初心者パイロットに最適です。

必ず保存を押してください データを書き込みます。

これで、最も基本的な意味での送信機と一致するようにドローンがバインドされ、構成されました。デフォルトのフライト コントローラ プログラムで飛行する準備ができました。

切断する クラフトからのマイクロUSB。バッテリーを取り付け、 アームスイッチをフリック クラフトを熱くするために、あなたは飛ぶ準備ができています!