コンテンツにスキップ
日本全国送料無料!
日本全国送料無料!

Happymodel ELRS X1 AIO 4in1 フライト コントローラー内蔵 SPI 2.4G ELRS およびつまようじ用 12A ESC

HAPPYMODEL による
SKU 6834396
26%割引 26%割引
元の価格 $89.99
元の価格 $89.99 - 元の価格 $89.99
元の価格 $89.99
現在の価格 $66.99
$66.99 - $66.99
現在の価格 $66.99

ELRS X1 フライト コントローラーには、統合された SPI 2.4GHz ExpressLRS レシーバーと、2 ~ 4 秒をサポートできる 12A Blheli_s ESC が付属しています。より大きな Mosfet は 12A までの高電流をサポートでき、2-4S つまようじドローンまたは長距離 FPV ドローンに適しています。また、2.4GHz ExpressLRS 受信機には、高感度、高パケット レート、低遅延の SX1280 無線周波数チップが装備されているため、このフライト コントローラーはすべてのレース/フリースタイル パイロットが必要とするものです。

フライト コントローラは、CaddxFPV Vista HD VTX 用に 6 ピン SH1.0 プラグを予約し、アナログ VTX 用に 5 ピン SH1.0 プラグを予約しました。

注: ELRS X1 フライト コントローラーは、V1.0.0 または最新バージョンのファームウェアに更新された ELRS 2.4Ghz TX モジュールで動作します。そのため、TX モジュール用の古い RC3 バージョンのファームウェアをフラッシュする必要はありません。

仕様:
フライトコントローラー
MCU:STM32F411CEU6 (100MHZ、512K フラッシュ)
センサー:MPU-6000(SPI接続)
マウントパターン: 20x20 M2
電源: 2-4S リポバッテリー
ビルトイン 12A Blheli_s ESC それぞれ
Betaflight OSD(SPI制御)内蔵
内蔵 SPI ExpressLRS 2.4GHz レシーバー
5V 1A BEC内蔵
フライト コントローラ ファームウェア ターゲット: CRAZYBEEF4SX1280

オンボード 4in1 ESC
MCU を EFM8BB21 にアップグレード
電源: 2-4S LiPo/LiPo HV (7v/17v)
電流: 12A 連続ピーク 15A (5 秒)
BLHeliSuiteプログラマブルをサポート
工場ファームウェア: F_H_40_REV16_8.HEX
デフォルトのプロトコル: DSHOT150/DSHOT300/DSHOT600

オンボードSPI ExpressLRS 2.4GHz レシーバー
パケットレートオプション: 25Hz/50Hz/150Hz/250Hz/500Hz
RF 周波数: 2.4GHz
アンテナプラグ:IPEX
テレメトリ出力電力: <12dBm
受信プロトコル: SPI ExpressLRS
ELRS 2.4Ghz TX モジュールとバインドできます (最新の elrs ファームウェアを搭載した TX モジュールをお勧めします)

オンボード電圧およびアンペア数メーターの設定
電圧計目盛設定 110
電流計の目盛設定 470

バインド手順:

  1. USB を接続してフライト コントローラに電力を供給します。フライト コントローラーのポート ドライバーがコンピューターに正しくインストールされていることを確認してから、Betaflight Configurator (最新バージョン) を開いて接続し、「レシーバー」インターフェイスに入り、「レシーバーのバインド」をクリックします。フライト コントローラーの下部がすばやく点滅します。これは、SPI ELRS レシーバーがバインド モードになったことを意味します。受信機をバインド モードにする別の方法があります。Betaflight コンフィギュレーターに接続した後、CLI インターフェイスに移動し、コマンド ラインに「bind_rx」と入力します。
  2. 2.4G ELRS TX モジュールを Opentx 無線送信機に正しく接続したら、最新バージョンの ELRS.LUA ファイルを送信機の SD カードにコピーします。ディレクトリは「SD Card/Scripts/tools」です。その後、ELRS.LUA を実行し、ファームウェアを最新バージョンにアップグレードして、SPI ELRS レシーバーで「バインド」をクリックします。 SPI ELRS レシーバーと ELRS TX モジュールの間でパケット レートが同じであることを確認してください。

CLI タブで SPI Receiver コマンドのパケット レートを変更します。
expresslrs_rate_index = 3 を設定します。
許容範囲: 0 - 4
デフォルト値: 0
0=500Hz、1=250Hz、2=150Hz、3=50Hz、4=25Hz

  1. バインドが成功すると、フライト コントローラーの下部にある赤い LED が点灯し、同時にテレメトリーを受信できるようになります。
  2. SPI レシーバーの LED ステータスの意味: LED が点灯し始めている場合は、バインドが成功したか、接続と通信が正常であることを示します。LED がすばやく点滅している場合は、レシーバーがバインディング モードであることを示し、LED が点滅していることを示します。無線コントローラーから信号を受信して​​いないことをゆっくりと示します。

便利なファームウェアとツールのダウンロード

パッケージは以下を含みます:
1 * ELRS X1 AIO 4in1 フライトコントローラー